熱海の常盤木羊羹店4代目イケメン元ホストが作る鶴吉羊羹が話題に!

羊羹店のイケメン店主に一目惚れ! 食品

イケメン元ホストの4代目が作る話題の羊羹はどこで買える?

熱海にある老舗羊羹店「常盤木羊羹店總本店」の代表銘菓・菓鶴吉羊羹を作る

イケメン元ホストの4代目店主、前澤龍也氏が話題になっています。

伝統の羊羹を守りつつも、マカロン製造やカフェ併設などにも精力的に挑戦中。

イケメンの元ホスト、ってすごく気になりますよね。

そこで、そのヴィジュアルでも注目される四代目の前澤龍也氏と、熱海の常盤木羊羹店總本店について、管理人がくわしく調べてみました。

常盤木羊羹店の四代目店主・前澤龍也氏の経歴

まずは気になるのが、イケメン元ホストの四代目、前澤龍也氏のプロフィール。

常盤木羊羹店總本店の4代目イケメン店主(元ホストだそう)

上の写真は公式サイトでプロフィール写真に使われています。

元ホスト感オーラが濃厚な、老舗和菓子店とはリンクしない写真です。

とはいえ、一度見たら忘れられないインパクト。

人気俳優、佐藤健似と称されるイケメンぶりは常磐木羊羹店の知名度アップにかなり貢献しているものと思われます。

公式サイトに掲載されている、前澤龍也氏の経歴は、

  • 1983年4月14日生まれ
  • 神奈川大学法学部法律学科卒
  • カナダ・ビクトリア大学に短期語学留学

となっていて、現在36歳であることがわかります。

いつまでホストをやっていたのか?
いつから常磐木羊羹店で仕事をしているのか?
独身なのか?

等、個人情報は全然わからなくてちょっと残念ですが、

とにかく現在は実家に戻り家業を継ぎ、
伝統を守り、新しい味を作り出すことに挑戦中ということになります。

「鶴吉羊羹 橙(だいだい)」と「マカロンモナカ」

常盤木羊羹店の人気商品「鶴吉羊羹 橙とマカロンモナカ」

常磐木羊羹店は、強運と良縁で知られる伊豆山神社御用達の羊羹店。

創業は大正時代、以来龍也氏で四代目となる、熱海の老舗で、

伊勢神宮にも鶴吉羊羹を奉納品している、名店なんです。

そんな常磐木羊羹店の人気商品といえば、

鶴吉羊羹 橙とマカロンモナカ。

鶴吉羊羹レミーマルタン、もかなり気になりますが。

鶴吉羊羹 橙(だいだい)

イケメン四代目が開発し、今や常磐木羊羹店の顔とも言えるのが「鶴吉羊羹 橙(だいだい)」。

橙はかんきつの一種で、実は熱海市が生産量日本一。

普段食べることは少ないですが、
お正月の鏡餅の上に乗せられているというと、わかりやすいですね。

四代目と姉上がこの地元産の橙を100%使用し、

試行錯誤の末に甘くほろ苦い上品な甘さの羊羹に仕上げたそう。

「香料を使っていない」と聞くと、口にしたひとが一様に驚くほど、

だいだいの爽やかな香りと風味が口いっぱいに広がります。

夏場はつめたくして頂くのも美味しくてオススメ。

この鶴吉羊羹橙は、食品のミシュランガイドと呼ばれる、

国際味覚審査機構で優秀味覚賞を受賞しています。

マカロンモナカ

マカロンモナカは2011年新発売の、見た目はマカロンのような、カラフルなモナカ。

  • ピンク色には桜餡
  • オレンジ色は蜜柑餡
  • 黄色は柚子餡
  • 緑色は抹茶餡

がたっぷり入っています。

皮の色と中の餡の色は同系色、
ぱっと見も、割っても、キレイな色が特徴的です。

  • 第26回全国菓子大博覧会 全菓博栄誉大賞
  • おみやげグランプリ2017 各国審査員賞受賞

を受賞しており、味のよさは折り紙付。

見た目も可愛いく、個包装で分けやすいのでお土産にも最適。

マカロンモナカは常盤木羊羹店総本店限定販売で、他店舗では購入できません。

鶴吉羊羹 レミーマルタン&レミーマルタンXO

鶴吉羊羹レミーマルタン

四代目が元ホストだからだとしか思えない、
フランスのコニャック、レミーマルタンの羊羹。

こちら、驚くことに、なんと、平成30年伊勢神宮奉納品でもあります。

レミーマルタン羊羹のデビューは2017年10月。

シンガポール国立博物館ギャラリー10で羊羹の展示、プレゼンを実施、
伊勢丹スコッツ店で販売したのが最初です。

その後、

  • 東京青山ファーマーズマーケット
  • マハラジャ六本木ディスコナイトinホテルアソシア静岡
  • あんこ博覧会in日本橋三越本店

など、そうそうたる場でのプレゼンを重ね、かなり有名になっています。

 

  • レミーマルタンの材料は「レミーマルタンVSOP」

  • レミーマルタンXOの材料は「レミーマルタンXO」

を使用しています。

力強くエレガントなアロマを消さないように、

北海道産あずきの風味、ビターなカカオとのマリアージュでバランスのよい美味しさを実現。

ただし、レミーマルタンの風味は非常に飛びやすく、

開封したらサランラップ必須(←現実的)で、

できれば開封後は食べきるのがオススメ、とされています。

尚、レミーマルタン羊羹はVSOPもXO、両方とも

  • 毎月50棹限定生産販売品
  • 本店店頭または電話注文のみ購入可能

尚、レミーマルタン羊羹はVSOPもXO、両方とも

  • 毎月50棹限定生産販売品
  • 本店店頭又は電話注文のみ購入可能

となっており、お値段は、

  • レミーマルタンVSOP 3,500円(税込)
  • レミーマルタンXO 5,000円(税込)

いずれも送料が別途かかります(関東地方600円)。

コニャック好きな方はチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

 ちなみに、常磐木羊羹店は楽天市場に公式サイトを出店してるので、

熱海に行けないけど食べてみたい人は通販で買えますよ。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

鶴吉羊羹(橙)つるきちようかん・だいだい
価格:1200円(税込、送料別) (2019/9/15時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

macaron monaka【4個入り箱】
価格:750円(税込、送料別) (2019/9/15時点)

常盤木羊羹店總本店 店舗情報

常盤木羊羹店總本店のホームページ

■常盤木羊羹店總本店

静岡県熱海市銀座町9番1号
0557-81-4421
営業時間:10:00~18:00
定休日:不定休
駐車場なし
クレジットカード 各種利用可

元ホストの四代目がオープンしたカフェ

 常盤木羊羹店總本店内併設の和カフェ 茶房・陣

2013年9月に、常磐木羊羹店總本店内に併設されたのが「和カフェ 茶房・陣」。

コンセプトは「お菓子と共に、上質の空間を。 大人の和カフェ」。

黒を基調としたシックな内装の落ち着いた雰囲気の店内で、

鶴吉羊羹やマカロンモナカなどをドリンクとセットでもいただけます。

抹茶セットも選べるのがいいですね。

一部メニューを紹介すると

  • AYAHIME最中セット(マカロンモナカ)
     抹茶セット 750円 / 珈琲・紅茶 700円

  • 鶴吉羊羹セット
     抹茶セット 1,000円 / 珈琲・紅茶 950円

など。

その他羹みつセットやホットケーキセットなども楽しめます。

食べログでの口コミを読むと、

味については・・・

  • 店頭で売っているものが食べれるので試食になる。
  • 店頭で売り切れのうぐいす餅が美味しかった。
  • 休憩にちょうどよい。
  • 注文を受けてから作るおしるこ、絶品。

雰囲気については・・・

  • 木が使われていて暖かみのある内装。
  • 化粧室が広くてキレイ。
  • BGMはジャズやスタンダードだけど落ち着く。
  • 熱海でおすすめの観光スポット。

など、評判は上々です。

お土産を買うついでに寄る、
または寄ったついでにお土産を買う、
どっちのお客さんもいるんじゃないでしょうか。

■茶房 陣

熱海市銀座町9-13(常盤木羊羹店・總本店隣)
(0557)81-8633
営業時間:11:00~18:00(LO17:30)
定休日:水曜日・木曜日
熱海駅より徒歩15分

おわりに

いかがでしたか。

熱海で活躍する元ホストのイケメン四代目、
常磐木羊羹店の店主・前澤龍也氏は驚く程真面目に和菓子に向き合っておられます。

自らが生み出した、鶴吉羊羹橙、レーマルタン、マカロンモナカなども人気商品。

熱海へ行ったらイケメンに会いに、ちょっと立ち寄ってみたくなってきました。

タイトルとURLをコピーしました